インフォトップ2ティア秘密戦略←戦略 インフォトップ登録→
インフォトップ売上ベスト100 

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://infotop21.blog77.fc2.com/tb.php/11-c8bdf0a6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

インフォトップと携帯、物販の可能性

 インフォトップのオープンまで、10日を切りました。
 今日は、インフォトップが、情報商材だけでなく、携帯商品や物販について、ちょっと考えてみたいと思います。
インフォトップの取締役である菅野氏は、自身のメルマガで、
来年早々には、携帯市場への進出、そして、ゆくゆくは物販にも進出したいという希望を述べておられます。

 これは、インフォストアやインフォカートには、なかった考えです。

 市場規模から考えると、情報商材に比較して、携帯市場や一般の物販ネット販売市場は、はるかに大きいことは自明ですね。

 しかし、物販で言えば、楽天のようなガリバーから、小さな物販店まで、無数の販売店が存在しています。

 携帯市場でも、既に多くの携帯専門のASPが存在しています。

 そのような中で、インフォトップが、情報商材のみならず、携帯市場や一般の物販市場に乗り出して、成果が得られるのでしょうか?

 まず、物販においては、商店街方式の楽天のようなASPだと、価格競争が激しく、アフィリエイト報酬を大きくすることは不可能ですし、アフィリエイターから見ても、インフォトップが進出するメリットは考えにくいでしょう。

 しかし、電脳卸や良品社中のように、比較的粗利率の大きい商品に限定すれば、アフィリエイト報酬も、かなり大きくすることもできますので、2ティア制度を採用しても、うまく行くでしょう。

 むしろ、情報商材ASPと物販ASPという、これまで、異質な存在であったものをコラボレートすることで、新たな展開が期待できると思います。

 インフォトップが、物販のASPにもなるとすれば、おそらく、2ティア制度をそのまま導入することになると思います。

 なぜなら、2ティア制のない物販ASPであれば、他社よりも魅力的な存在になることは難しく、また、2ティア制をとる情報商材との二重管理が必要になるため、複雑なシステムになってくるからです。

 また、携帯市場で考えると、ここには、既に多くのASPが進出していますので、同じようなやり方では成功しないと思います。

 やはり、携帯市場においても、2ティア制を導入するなどして、特色ある展開が必要不可欠でしょう。

そして、情報商材と携帯市場という、やはり異質なものを、うまく結び付けられるかどうかが、成功するかどうかの大きなポイントになると思います。

 いずれにしても、インフォトップは、情報起業家やアフィリエイターなどの意見をできる限り取り入れていこうという姿勢が感じられます。

 このような姿勢を貫けば、当然ながら、インフォトップの事業を発展させるためのアイデアがどんどん出されていくことになっていくでしょう。

 このようにして、インフォトップの事業が広がっていけば行くほど、アフィリエイターの報酬も増えていく可能性があります。

 その点から考えても、一人でも多くの2ティアアフィリエイターを確保していくことが重要なポイントになっていくでしょう。

 「インフォトップ2ティア獲得のための秘密戦略」にぜひご参加ください。
 ↓↓↓
「仮登録フォーム」
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://infotop21.blog77.fc2.com/tb.php/11-c8bdf0a6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

日本非代表

Author:日本非代表
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

相互リンク

相互リンクページ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。